人気ブログランキング |

いちばん大事なタカラモノ


カテゴリ:映画( 72 )



「BRAVE HEARTS 海猿」ネタバレあり

【ネタバレあり】
この日記にはネタバレがあります。
これから見に行かれる方は要注意です!!

e0003090_13274097.jpg

先週のことですが、「BRAVE HEART 海猿」ようやく見てきました。
海猿シリーズは大好きで全部見てます。
映画版はDVDまで持ってます。

前作で完結と言われてましたが、全然最後という感はなくいつまでも続きそうな終わり方でした。
このシリーズは、もはや仙崎大輔が死ななければ終わらないだろうというカンジ。

今まで映画の1作目やドラマシリーズで、大輔の大切なバディがな死んでしまうというショッキングなできごとがありましたが、最近の海猿は絶対全員助けるというテーマがあるように思います。

だから、友達が先に見に行ったので
「ワタシ、ネタバレOKだから聞くけど、吉岡は死なないよね?」って聞いたら
「いやぁ、でも、それは知らずに見に行ったほうがいい」と言われていたので
もしかしたら吉岡が死ぬの?とも思ったけど、結論、死にませんでした。
水深60mに飛行機が沈んで、閉じ込められた吉岡はボンベを持っていない・・・
映画の登場人物誰もが、吉岡は死んだと思ってる場面も、なんとなく、生きてるよなーって見てました。
飛行機の乗客用の非常用酸素を口にくわえてて、そこだけはおーーー、って思いました。

前作では巨大なガスプラントの事故。
そのスケールが大きすぎたので、今作は飛行機の海上着陸と、少しこじんまり感がある。
そのぶん、人間関係のつながりのようなものが描かれている。

吉岡の別れた彼女がCAとしてその飛行機に乗っていたり。
飛行機のパイロットはもうすぐ奥さんに子供が生まれるから、仙崎と励ましあったり。
乗客に一人でおばあちゃんの家に行く小学生がいて、飛行中もずっと吉岡の彼女がその子に話しかけてて・・・・
でも、全員無事に救出された後、吉岡と彼女のシーンはもちろんあったけど
仙崎とパイロットのシーンとか、彼女と子供のシーンとか、あっても良かったのにと思う。

というわけで、今までのシリーズほど、映画館で体がちがちに力入れることなく見れたような気がします。
そして、まだまだ続きそうな感もあります。
仙崎の肉体美を見せれなくなったときは、仙崎は偉い人になって指示だしたりしそう。

それにしても、このシリーズでは伊原剛志が特殊救難隊の仙崎の上司役で新しく出演してましたが・・・
伊藤英明、佐藤隆太、今までの映画やドラマも
伊藤淳史、仲村トオル、時任三郎、布施博、、、
みんなみんなホントに猿顔(笑)
前作、今作と出演した三浦翔平くんだけは唯一可愛かったです^^
e0003090_132807.jpg

by kenmamaM | 2012-08-07 13:28 | 映画


「グスコーブドリの伝記」試写会

e0003090_23594922.jpg

ペア試写会が当たってkenと二人で行ってきました。
kenに言ったら開口一番・・・
「行くけどな、行くけど、どうせならポケモン当ててーや」って。
あぁ、やっぱり今年の夏もポケモン見るんね^^;

で、肝心の「グスコーブドリの伝記」宮沢賢治さんの原作なんですね。
全然知らなかったんです(汗)

宮沢ワールドがどんなものなのかも知らんけど、いやぁすげえワールドでしたね。
【あらすじ転載】
イーハトーヴの森で家族と暮らしていたグスコーブドリは、森を直撃した冷害のせいで両親と妹を一度に亡くしてしまう。たった一人残された彼は懸命に働き、長じて火山局で働き始めるが、またしても大規模な冷害が発生する。かつての惨事を二度と繰り返さないようにするため、グスコーブドリは自分の身を呈して冷害の被害を防ごうとする。


いやぁ、すみません、、、
さっぱり分かりませんでした。
↑上のあらすじには妹を亡くし、って書いてありますが、なぞのネコに連れ去られたんです。
その後グスコーブドリは妹を連れ去った男を見つけて追いかけると、なんか不思議な世界に迷い込んで・・・
これは現実なのか夢の世界なのか、なんか不思議な世界でした。
映像は間違いなくきれいでしたけどね。

もう、日記にも書かないくらいの虚脱感だったんだけど。
今朝ワイドショーでなでしこジャパンの澤選手が浴衣を着て、この映画の試写会に行って
舞台で挨拶させられていたから。
澤選手、公式ホームページで写真入りでメッセージを寄せているので何かしらの協力をしてるんでしょうが・・・
この映画のために、ロンドンオリンピック3週間前の大事な時期に、
映画に2時間と、その前後の着付けやらで最低でも1時間。
なんだか、かわいそうになりました。
ちゃんと練習させてあげなよって。
普通の女子みたいに息抜きに映画を見るのは賛成だけど。
でも普通の女子は映画を見るのにわざわざ浴衣なんか着ないし、舞台挨拶もしないよー。
あぁ、気の毒すぎて日記を書いてしまいましたとさ。
by kenmamaM | 2012-07-08 00:03 | 映画


「ドラえもん のび太と奇跡の島」

e0003090_23435838.jpg


映画「ドラえもん のび太と奇跡の島」を見に行ってきました。
kenが「見たいー」って言ったとき・・・
「kenちゃん、いつになったらドラえもん卒業できるのー?」って言ってしまいました。
ワタシは、真っ白な状態で見に行きましたが、kenはね、予告とかでだいたいのストーリーを知ってたんですよね。
で、「終わったらきっとお母さん俺に”ありがとう”って言うよ」って。
ワタシが感動して、「見に来てよかった、ありがとう」って思うらしい。

まぁ、、、
ストーリーというか結末は予想通りなカンジでしたが・・・
鈴木福くんとか小栗旬がムダに声優で出てくるのが笑えた。
小栗旬は、甘栗旬って(笑)

今回のストーリーのキーはのび太のパパ。
30年前の、少年時代のパパが、お互いに親子だと知らずにのび太たちと一緒に戦う、
そんな父と息子の絆ストーリー。

kenが「これは本当はお父さんと一緒に見たほうがよかった」と。
ダンナの異動から1年。半母子家庭状態。
この1年間で、ダンナは何日仕事を休んだだろう。
主な理由はkenの野球の公式戦にチームの役員として参加しないといけない日。
あとはよっぽど体調が悪かった日と、特別に用があった日だけ。
家族そろって夕食を食べるのも何週間かに一度くらい。
忙しい中、野球の試合に行ってくれてるのはkenも分かっていると思うけど、
明らかに家族で過ごす時間は減っていて。
ちょっと、崩壊の危機ですかね^^;

まだまだドラえもんが好きで、
まだまだホロリと寂しさを口にする5年生(もうすぐ6年生)です。
by kenmamaM | 2012-03-20 23:44 | 映画


「しあわせのパン」ネタバレ・・・アリかな。

「しあわせのパン」最初は岡山では上映ないはずだったのがMOVIX倉敷で上映されたので見に行ってきました。
北海道でパン屋さんをする夫婦の、おいしそうなパンが出てくるお話。
と思って見に行った。
「かもめ食堂」とか「めがね」みたいな。

大泉洋と原田知世が夫婦で営む「cafeマーニ」を訪れるお客さんの、
後から気付いたけど、季節は夏から始まって、秋、そして冬から春につながる3つのストーリーからできていて。

で、後から考えたら最初の夏のストーリーが一番軽~いストーリーなんだけど。
その中のワンシーン、この写真のシーンで涙がでてきた。
大泉洋と原田知世がひとつのパンを二つに分けて、食べるシーン。
e0003090_20542287.jpg

3つのシーンでも必ず登場する二人でパンを分け合う。
若いカップルであったり。
離婚して、二人で暮らすお父さんと小学生の娘とか。
奥さんの死期が近いことに気付き、死に場所を求めて想い出の地に来た夫婦とか。
それぞれのシーンで予想外に号泣。
ただひとつ、物語の終盤で、ようやく「自分のマーニ」を見つけたと微笑む、りえさん(原田知世さん)。
あれ?洋ちゃんは、そこでようやくマーニになれたの?それまでは何だったの?

まぁ、いいけど。
パンだけじゃなくて、ガリガリと豆を挽いて淹れるコーヒー、季節の食材を使ったパンやスープ。
やっぱりすべてが美味しそう。
そして北海道の風景にうつりこむ二人がおしゃれで素敵。
原田知世さんの透明感は「時をかける少女」の頃と変わらない。
大泉洋ちゃんは・・・おとなしすぎて、かっこよすぎて、いつもの洋ちゃんじゃありませんでした(笑)
by kenmamaM | 2012-03-05 20:54 | 映画


「マイウエイ12000kmの真実」

戦争映画です。
マラソンの日韓のライバルが戦場で再会・・・っていうストーリー。
この映画、韓国で製作されていて、本当の戦争を知らない私たちには、
本当に見ていて辛いものでした。

いやだから、私は、戦争で引き裂かれた友情とか、
その二人が戦争が終わってまたマラソンで競い合うとか
そういうストーリーで見てみたかったです。

分かり辛くてごめんね^^

オダギリジョーも、チャン・ドンゴンも、違ったかっこよさがありました053.gif
戦場のアクション、極寒のシベリアロケ、、、
大変だったと思います。
でも、めざましテレビのインタビューで、女子アナに
「毎朝何時に起きてるんですか?」って聞いて、3時だか4時だかって答えたら。
「それは大変です。とても僕にはできません。
それに比べたらこんなロケなんて。」ってオダギリジョーが言ってたのがおかしかった。

e0003090_8213674.jpg

by kenmamaM | 2012-01-24 08:21 | 映画


「映画怪物くん」

これまだ年末のこと。
ひょっこりと時間ができて、「どうするーー、何するーー」ってことになり
kenと二人で映画。
「怪物くん」ずっと見たいって言われてたんです。
e0003090_1213465.jpg

ストーリー分かりやすく、まぁまぁ想像通りの映画でした。
これ、3Dと2Dがあったんだけど、2Dのほうは夕方しかなくて、仕方なく3D。
kenは「えー、3Dでええん?」と大喜び。
ワタシは、高いし、目が疲れるし、、、あんまり好きじゃない。
怪物くんで3Dって、手足が伸びたりするの想像つくしー。
まぁ、お子様孝行ができたのでヨシとしよう。
by kenmamaM | 2012-01-11 01:21 | 映画


「アンフェアthe anser」ネタバレあり。

9月20日(火)

e0003090_2239166.jpg

映画公開を前に、テレビシリーズの再放送やってて、さらに前作映画も放送されて。
kenが「見に行きたいなー」って言ってたけど、火曜日休みに一人でこっそり見に行っちゃいました。

そうそう、そういえば前作の最後、斉木(江口洋介)がビルの屋上で何者かに射殺されて、その時に雪平(篠原涼子)が、警察の機密文書の入ったUSBを託されたんだった。
続編できますよ満々な終わり方だった。

そして、そのanswerは・・・全然解決されてないやん!!
黒幕は誰なのか分からないし、斉木を撃ったのが誰なのかも分からない。

今回は北海道に赴任した雪平夏見と現地の上司、一条(佐藤浩市)とのラブシーンから始まります。
おー、雪平にこんな女の部分があったのかと思いながら・・・
今作の事件は、猟奇的ネイルガン殺人。
ネイルガンって、釘を打ち付ける銃です。
カラダ中に釘の打ち付けられた全裸死体が見つかります。
その現場に残されていた指紋から参考人とされた人がその次に同じ状態で殺されます。
3人目の死体が発見され、その容疑者とされたのが、雪平の離婚した元夫、佐藤和夫(香川照之)。
佐藤がそんなことをするはずがないと信じる雪平。
そんな二人が車の中で会話を交わすシーン。
次は自分が殺されるかもしれないと思った佐藤は、雪平から預かっていたUSBを、結局暗号が解けないからと返し、海外へ逃げると言う。
「警備する」という雪平に「別れが辛くなるからいい」と。
そして、雪平に新しい恋人が居ることを察した佐藤は「今度こそ幸せになれよ」と。
そんな元夫婦の会話はどこか温かく、シリーズを通して、二人の間の根底にあるつながりを感じた。
そして、、、結局佐藤もネイルガンで殺され、現場には雪平の指紋が残され、今度は雪平が容疑者となる。

ネイルガン殺人の実行犯、結城(大森南朋)の、のそーーっとした演技も怖い。
今度は雪平が結城に狙われる。
けど、こんな調子で書いてたら2時間くらいかかるので割愛。
結局、結城を操っていたのは、一条。
でも佐藤を殺したのだけは、結城ではなく一条。
雪平からUSBを奪うために雪平に近づいたけど、元夫の佐藤への嫉妬から結城を真似て殺したみたい。
佐藤を殺した犯人を捜すために、なぜか結託してしまった雪平と結城にはめられて、佐藤殺人の罪が暴かれ逮捕されるが、留置所内で自殺。
「自殺に見せかけて殺されたのかもしれない」という山路(寺島進)
今回、山路は敵なのか味方なのかよく分からないまま終わったなぁ。
捜査一課課長にのしあがった小久保(阿部サダヲ)も然り。憎たらしい役には変わりなかったけど^^

そして、最初からなんか不可解な存在だった検察の村上(山田孝之)。
検察のお偉いさんの息子。
最後のシーン、結城の検察庁の部屋に集まっていたのは、一条(死んでない!!)と、薫ちゃん!!(加藤雅也)
薫ちゃんは、雪平の味方のようだったけど、中盤で結城の情報と引き換えにUSBの存在を雪平に問い詰めたり。
前の映画でも、蓮見杏奈(濱田マリ)とつながってたし。

一条と薫ちゃんを操っていたのは村上だったけど、その上にはまだ誰か居るみたいだったし。
小久保も陰で誰かと繋がっているようだったし。
うーん、全然何も解決してない。
結局、USBは一条から村上の手に渡った。
そのUSBを特定のパソコンにさして暗号が解けた時点で、雪平の携帯に位置情報が届くように佐藤が設定しており、検察庁との位置情報を見た雪平は村上の携帯に電話をかける。
佐藤はその時点で、そのUSBが爆破しデータは壊れ、暗号の解けたデータは雪平のパソコンに届くように設定していた。

こうして、また、雪平の元にだけ機密文書のデータが残ることになって、おしまい。
続編作る気、マンマンですねーー。
それにしても、今回猟奇的な部分がひどくて、とてもkenには見せれないと思った。
何も知らずに見に行ってしまった子供も居たんじゃないだろうか。
「探偵はBARにいる」がPG-12ならば、これも同じくらいの扱いだと思う。
大人でも、予想外のひどさだった為に、終わったあとちょっと気が重い、カラダも重いカンジ。
今度はちょっと爽やかとか、ほのぼのなカンジの映画がみたいゎ。

そうそう、今作は、雪平と佐藤の愛娘のミオちゃんはロスのおばさんのところに預けられている設定で全然出てこなかった。
毎回毎回ミオちゃんが事件に巻き込まれるのもマンネリ化してるけど、全然出てこないってどうよ。
by kenmamaM | 2011-09-20 22:39 | 映画


【ネタバレあり】「探偵はBARにいる」

【ストーリー】
大泉演じる“探偵”には名前がない。ポンコツ車の運転手兼相棒の高田(松田龍平)と共に、探偵業、といっても予想がつくとは思うが、いわゆる便利屋家業を細々と続けている。酒好きな“探偵”行きつけのBAR(一枚板のカウンターが素晴らしく、隅々にまで気を配った内装もオシャレ)にかかってくる黒電話で依頼を受ける日々だ。
その依頼も、BARにきた1本の電話が始まりだった。謎めいた女からの依頼。“探偵”はそこに危ない匂いを嗅ぎ取るが、同時にその声から“美人臭”まで嗅ぎ取って、依頼を引き受けてしまう。そして、命を狙われるハメに。なのに怖気づくどころか、“探偵”は一層、奮起! 依頼の背後にある真相を突き止めようとする。
雪のなか、“探偵”は走る。相棒の高田と、スノーモービルで逃げる。物語もさることながら、まず、その画がいい。普段はぼ~っと何も考えてないようでいて、実は空手道場の師範代なる高田を演じる松田と、大泉の息も、驚くほどに合っている。周囲を固める役者たちにも味がある。大物実業家に西田敏行、その若き妻に小雪。さらに、こうした作品に必須なのが悪役。高嶋政伸が、まさに怪演の域でイッちゃったキャラクターを魅せてくれる。

e0003090_21241673.jpg

試写会に応募して、当たってもないのに行く気まんまんだったのに結局当たらなくて・・・
なのでお金払って見てきました。
MOVIXの予約、インターネットでしてるときに、
PG12(小学生の観覧には、親又は保護者の助言・指導が必要)と気づきました。
大泉洋ちゃん作品だから笑って見れると思ったら大間違いです!!
札幌が舞台のこの映画、洋ちゃんも主演は自分しかないと思ったらしいですが。
いつもの洋ちゃんのイメージとは大違い。
いやいや違う、大違いではないんだ。プッと笑える場面もあったりして、洋ちゃんらしさはあるんだけど。
松田龍平もすげえいい味だしてて、そんな二人の掛け合いがおもしろい。
ストーリーもそんなに難しくはなく、謎の電話の女の声は間違いなく小雪だから、
小雪はいい人なのか悪い人なのかを考えながら見てました。
ただ、ただ、残虐なシーンがあって、洋ちゃんがボコボコにされるシーンは、
死んでもおかしくないくらいのことされてるし。
人が殺されるシーンがけっこう出てきて・・・
子供には見せられないって思いました。
あと、高嶋政伸が、すげえ熱演。うん、あれはすごい。
気持ち悪いけど、見てる人を気持ち悪くさせる為の演技がすごい。
最後に小雪がウエディングドレス姿で復習を果たすんだけど、
薬師丸ひろ子の「セーラー服と機関銃」を思い出しました。
「カ・イ・カ・ン~」ってカンジ。
やっぱり子供には見せられない。
by kenmamaM | 2011-09-13 21:24 | 映画


「カンフーパンダ2」

e0003090_050763.jpg


「カンフーパンダ2」見てきました。kenどこかで1作目を見てたらしく、見たいって。
「NARUTO」か「カンフーパンダ」って言うので、ナルトは母ちゃん勘弁してくれよってことで。

2Dか3Dかで、当然2D。吹き替え版で。
3Dは頭いたくなるのよ、しかも400円UP!!2人で800円!!

1作目見てなくても全然大丈夫。
何も考えずに楽しめる。
映像がきれい~。
最後の最後に、3作目ができそうな予感。

声優、誰がやってるのかなーってエンドロールも最後までみた。
英語版はダステイン・ホフマンの名前とかあった。
なんかね、とにかくエンドロールが長かった。
英語だから何を流してるのかよく分からなかったけど、とにかく長すぎた。
最後に日本語吹き替えの声優の名前がでてきたら、主役のポーは山口達也だったのね。
めちゃ時の人やん(笑)
kenも「山口達也って・・・?」
「TOKIOの人よ」って教えてやったら
「この人無免許運転で捕まったんよ」と、朝のワイドショーで仕入れたネタを教えてくれた。

それにしても、イオンは秋のリニューアルに向けてあらゆるところが工事中。
朝9:30の回を見に行ったので、10時のオープン前の時間帯で、イオン側は9時にオープンしてるんだけど、この時間はMOVIXのほうには中からはいけなくていったん外に出て大回り。
早く工事が終わればいいのにな。

この日は、、、映画の後、ゲームをしたいからとお財布を持ってきていたken。
「今日は俺がジュース買ってやる。映画館の高いやつ。」って。
はい、いつも「高いんだから」って、こっそり自動販売機でペットボトルのジュース買って持ち込んでた母です^^
キャラメルポップコーンとアイスコーヒーとメロンソーダLで1000円、ご馳走様でした。
メロンソーダ、自分で買うんだからって大きな顔でLサイズにしたら大きすぎて飲みきれませんでした。
うんうん、いい勉強になったかな。

e0003090_0313214.jpg

by kenmamaM | 2011-08-31 00:31 | 映画


「うさぎドロップ」試写会【ネタバレあり】

8月18日(木)

久しぶりに試写会に行ってきました。
夏休み中はkenを置いてどこかに行くのはいちお自粛中だったので、
応募すらしてなかったんだけど、これはペアだったし子供も楽しめそうだったので。
「うさぎドロップ」にkenと二人で行ってきました。
e0003090_1101252.jpg


ネタバレがありますのでご注意を!!
これって、原作はマンガだったんですね。
なんかストーリー・・・「マルモじゃん!!」って思ったけど、どっちかっていうと
マルモよりもコッチのほうが先だったんですね。

独身男性ダイキチ(松山ケンイチ)が、祖父のお葬式で、祖父の隠し子の女の子、りん(芦田愛菜ちゃん)と出逢う。
この時点でkenが横から、
「なぁなぁ、隠し子って何?」って(笑)
「見ようたら分かります!!」って答えたんだけど、分かったかな^^

親戚達がりんを施設に入れようとするのを見てダイキチがついつい、りんに
「俺のトコに来るか」と言ってしまう。
マルモが双子を引き取った時は、亡くなった親友の、
双子を二人で一緒に居させてやりたい、という強い気持ちを知ってたから。
ダイキチは・・・
翌朝になって、「なんであんなこと言っちゃったかなぁ」って後悔しつつ。

結局りんを育てるために、残業の無い部署に異動させてもらったり。
なんでそこまで、できるのかなーって思うところもあった。
やはり2時間の映画では描ききれないのかもしれないけど。

りんが熱を出した時には、熱が下がるまで何日も会社を休んだり。
kenが小さかった頃、熱を出した我が子を病児保育に預けたりしたこともあったワタシは、
ちょっと罪悪感に襲われる。

原作うんぬんよりも、マルモを見ずに見たほうがよかったなー。
全然別物なはずなのに、ついつい比べちゃうから。
でも、マツケンのイメージが今までとちょっと違い、こういうパパになるのかなーって微笑ましく見てました。

最後はハートウオーミングなカンジで、みんな幸せ。
それにしても、松山ケンイチと香里奈のダンスシーン、、、あれは必要ないんじゃないかと不思議でしょーがない。

そして、そして、、、、原作ではなんと第二部があるらしい。
なんと10年後、りんがダイキチを好きになるらしい053.gif
実は映画を見ながらそんなこともふと考えたんだけど、
だって、こんな優しい父親代わりの人が一緒に暮らしてたら惚れるでって。
でも歳は20以上離れてるわけで、それは無いか、と勝手に納得してたのに。

しかも、本当は祖父のコじゃなかったと分かり、二人に血縁関係は全くないことが分かり、
ダイキチも受け入れるようになるらしい。
原作のアニメって、BSフジとかでやってたらしい。
まだ放送してるのかな。
今度チェックしてみよう。
by kenmamaM | 2011-08-20 01:10 | 映画

    

いちばん大事なkenのこと、そしてママの大好きなコト・ 大事にしたいコト ちなみにkenは17歳になりました。
by kenmamaM
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリ
全体
ken
おでかけ
ひとりごと
ママのお仕事
写真
映画
BEGIN
風味堂
中 孝介
馬場俊英
かりゆし58
奄美大島’16.10月
森山直太朗
FUNKY MONKEY BABYS
沖縄音楽
LIVE♪
いいはなシーサー
音楽
沖縄
おいしいもの
お取り寄せ・テイクアウト
ママのてづくり
マンゴー
めざせフルマラソン
花粉症
家庭菜園
直島&瀬戸内国際芸術祭
夕日
沖縄旅行記'05.6月本島
沖縄旅行記'05.8月本島・座間味
沖縄旅行記'05.9月本島・渡嘉敷
沖縄旅行記'06.6月宮古・八重山
沖縄旅行記'06.12月本島
沖縄旅行記'07.1月本島
沖縄旅行記'07.6月本島
沖縄旅行記'07.8月本島・座間味
沖縄旅行記'07.12月NAHAマラソン
沖縄旅行記’08.6月本島
沖縄旅行記'08.8月久米島
沖縄旅行記'08.12月NAHAマラソン
沖縄旅行記'09.8月阿嘉・座間味
沖縄旅行記'09.12月NAHAマラソン
沖縄旅行記’10.8月宮古島
沖縄旅行記'10.12月NAHAマラソン
沖縄旅行記'11.8月西表・鳩間島
沖縄旅行記'11年10月本島弾丸
沖縄旅行記'11.12月NAHAマラソン
沖縄旅行記'12.12月那覇&粟国島
沖縄旅行記'13.2月本島キャンプ
沖縄旅行記'13.7月伊江・古宇利
北海道旅行記'12.8月
東京旅行記’13.4月
沖縄旅行記’13.12月本島
沖縄旅行記'14.12月NAHAマラソン
沖縄旅行記’15.8月宮古島・本島
沖縄旅行記'15.12月NAHAマラソン
MEC食
2017年8月石垣島&竹富島
以前の記事
フォロー中のブログ
リンク
検索
最新のトラックバック
venuspoor.co..
from venuspoor.com/..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
ビギン20周年記念 まだ..
from たまりんの気ままなPC日記
アブラとサトウのカタマリ。
from こまこ☆いったりきたり
魚づくし
from Lush Life
のりピーこと酒井法子 バ..
from のりピーこと酒井法子 バキバ..
GOEMON
from kurashikikomac..
宮古・伊良部旅行 2.伊..
from こまこ☆いったりきたり
洋食工房 パパの台所
from kurashikikomac..
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧