いちばん大事なタカラモノ


カテゴリ:風味堂( 39 )



【ネタバレあり】風味堂@高松DIME


3月15日(土)

風味堂ツアー2014「風味堂5 ~人生はイスとりゲームだ! ~」俗名「風味堂JAPANツアー2014」に行ってきました。

同じ日、モンパチが沖縄でツアーファイナルの野外ライブやってて、もちろんそこには行けないけど、全国の映画館でライブビューイングがあることになって。
やったー!!って思ったら、風味堂ライブの日で。
ちょっとモンパチ行きたい気分の方が勝ったりして。
そんな気分で高松まで行ってきました。
整理番号13番で、渡さん側のギリギリ端っこ最前列。
渡さんの影で、カッちゃんが全く見えなかったけど、渡さんの汗も、ツバが飛ぶのも見える距離。
あれだけツバが飛んで、まぁマイクは大丈夫なんだろうけどキーボード大丈夫なのかなって心配してしまう。
いざ始まったらやっぱり、ライブが楽しい!!
レコ発ライブだったので、CDの曲順通りのセトリ(笑)
「なるべく3人だけの音で演奏したくて、でもCDのなかでは若干ホーン、ギターとかの音も入っている。
でもライブでは3人だけなので、なかなか大変なんです」と。
2曲終わって、その後1曲終わって、また1曲終わって、というペースでMCを挟みながら休憩しながら。
「カッちゃんなんて、ドラムたたきながらラップをするって、すごい大変なんです」と渡さん。
でもカッちゃんから、「渡さん、それ昨日だよね。ここに来る車の中で”カッちゃん、光の道のラップって大変?って。えっ、今更?このツアーあと3本だよ。」って。
その、カッちゃんのラップの部分も姿は見えず、声だけ聴こえて・・・ってのが残念でしたが。
「トリくんもね、コーラスしながらベース弾いてね」と言えば、トリくん「まぁ、それはよくありますけどね」って。たしかに、ベースがコーラスっていうかベースがボーカルとか当たり前ですもんね。
そしたらトリくんが「渡さんこそ、ピアノとボーカルと漫談と」って。
「漫談って言われるとハードル上がるから」って否定してたけど。まぁ漫談ではないけど、MC滑らかによく喋れるようになってきたよねー。

アルバム収録曲だけだと、全10曲。
なので、5曲終わったところで違う曲・・・と思ったら、メドレーが始まった。
1曲が1分弱なのかな、全36曲で30分弱のメドレー。
「新しいこともやっていきたい」っていう言葉通り、すごーーーーいメドレーだった。
構成考えて練習してっていうのも大変だったろうけど、普段からそんな動き回るライブでもないし、大きなステージでやってるわけでもないし、日常生活で走ったりトレーニングしてる訳でもなさそうな30台後半のメンズ3人にはきつかっただろうなー。

渡さんが「去年くらいまでは、ミスチルを超える!!みたいなことを言っていたけど、もうそんな競争はしない。世界にたった一つのバンド、風味堂になりたい。」って。
今度のアルバムも自分たちの進む道を思い描いて作った。
曲順も、そんな想いを重ねて、よーく考えて作った。
だからライブもアルバムの曲順通りだったんだ。
そう言われて聴いたアルバム最後の曲「足跡の彼方へ」には、彼らのそんな気持ちがぎゅっと詰まってるなと思った。

渡さんがこんなふうに思ったきっかけはBEGINの栄昇さんの言葉、「どんなバンドにもそのバンドにしか座れないイスというものがあるんだよ。そこはほかのバンドに絶対座られちゃダメなんだよ」。
栄昇さん、ありがとう。

なぁんかね、風味堂ライブ、年齢層高くなったよね。
ワタシも人のこと棚にあげて、だけど(笑)
ソロ活動前のライブはもっと若い子居たけど、その若い子たちがそれなりに年をとったんじゃなくて、居なくなった。
新たなファンが増えてない気がする。
昔は「風味堂」って言ったら「あぁ、”愛してる”聴いたことがある」っていう子も居たけど、最近の若い子は知らない。
そんなタイミングで、docomoのCMで渡さんソロ時代の曲「涙」
さすが大手のCMって、頻度が多い!!
カレーのCMで「ファイト」が流れた時とも違う。
卒業シーズンに合わせた映像で、歌詞がグッと来る。
たくさんの人の耳に届いてほしいな。
少なくとも、このYOUTUBEを既に40万人の人が聴いてくれているっていうのが嬉しい。


そんな訳で、アンコールは「涙」からの新曲2曲。
この新曲が!!新曲が!!
「皆さん、もう死ぬまで聴くことはないと思います」って言われてしまう、絶対音源化されないであろう曲。
トリくんがお正月に実家に帰ったときに、友達と会っていて、子供の居る友達に「子供向けの歌、つくってよ」って言われて作ったという曲。
「仮面探偵ゼロ」だったっけ。
たしかに、みんなのうた、とかで流れそうな、アニメーションになってるのが想像できるような曲。
一番をトリくんが歌って、2番は渡さん。

あんまり予習もせずに行ったライブだったけど、めっちゃ楽しめた!!
CDも、もう一回ちゃんと歌詞カード見て聴きたいなって思った。

続きはセトリ。
アルバム曲順通りの間にメドレー。

1.夢は2度目から
2.あふれる愛を伝えたい
3.光の道
4.銀河鉄道
5.泣きたくなる夜に

~36曲メドレー~

6.夢を抱きし者たちへ
7.静かな夜の向こうへ
8.パズル
9.ワガママンのテーマ
10.足跡の彼方へ

EN1.涙
EN2.仮面探偵ゼロ(新曲)
EN3.モノクロームの憂鬱(新曲)
[PR]
by kenmamaM | 2014-03-23 15:23 | 風味堂 | Comments(0)


風味堂unplugged live@高松SPEAK LOW

風味堂ライブで高松SPEAK LOWへ行ってきました。
ワタリさんがソロライブをやったことのあるカフェ。
ここにはグランドピアノがあり、マスターのドラムセットがあり、
「あれ?これでトリクンが立てば風味堂のライブができるじゃん。
まぁでも風味堂のライブをやるには小さすぎるかな?」なんて思っていましたが・・・
そんな小さなお店で本当に風味堂のライブがありました。
チケットはすぐには完売にならなかったけど(汗)でも最終的にはちゃんと完売になって、椅子をきつきつに並べて90席。
今回はアンプラグドライブツアーで、ドラムセットは使わずにスネアドラムとカホンだけ。
そして、トリくんは真ん中に、立つのではなく座っての演奏でした。
整理番号30番台、ワタリさんは帽子と、グランドピアノに映りこむ手の影、トリくんとかっちゃんは頭の先っちょだけしか見えない席でしたが、ピアノに映りこむワタリさんの手の動きが見えただけでもよしとしよう。
グランドピアノを激しくたたくワタリさんの手に惚れてしまいましたよー。

ドラムセットについては、もちろんアンプラグドのコンセプトのツアーだから使わないというものあるけど、「ドラムやる人の前で演奏するのは緊張する」ってかっちゃん。
元刑事で、ドラマーのマスターの話をしているときに、トリクンがひらめいてしまいました。

「駄洒落言ってもいいですか?」
「マスターは刑事でドラマー、、、、刑事ドラマ。」って。。。
ゆるいですね~~(笑)
MCもだいぶ喋れるようになってきたけど、最近MCの達者なミュージシャンたちのライブを見たばかりなので、やっぱりまだまだな3人組です。

今回出たアルバム「風味堂5~僕らの椅子~」
サブタイトルの~僕らの椅子~についてはこんなインタービュー記事があります。

そのサブタイトルはBEGINの(比嘉)栄昇さんに言っていただいた言葉がもとになってるんですよ。以前、「最近はいろいろ悩みながら活動してるんです」みたいな相談を栄昇さんにしたときに、「どんなバンドにもそのバンドにしか座れないイスというものがあるんだよ。そこはほかのバンドに絶対座られちゃダメなんだよ」って言葉をいただいて。
BEGINも、栄昇さんも、きっと同じように悩んだ時期があったんだろうな。

ライブは新しいアルバムの曲も、昔の曲もあり。
「散歩道」の会場みんなの大合唱、あれを聴けば、風味堂の椅子も見えたような気がします。
そして次のツアーはまた岡山はなく、高松DIMEです。
今度はライブハウスです。
スタンディングです。
[PR]
by kenmamaM | 2013-11-24 13:51 | 風味堂 | Comments(0)


風味堂ツアー九しゅうめん@高松DIME

11月18日(日)

e0003090_833772.jpg

kenの野球が奇跡的に休みになった日。
風味堂@高松のチケットが直前になって1枚余り・・
急遽二人で行ってきました。
いやいや、実は奇跡的にダンナも休みで、三人で高松に。
ライブに行ったのは二人だけ。ダンナは運転手(笑)
もう一ヶ月近くたってしまい、記憶もあいまいですが、よーく覚えてるのは
ワタリさんが「俺たちはうどんを食べに来たんじゃなーい!!ライブをしに来たんだー!!」って。
いや、客席はたぶん、大多数がうどん食べに来たんだと(笑)
ワタシの周り、ほとんど県外からだった^^;
e0003090_835877.jpg

でもね、香川の人も居ましたよ!!
私とkenが初めて風味堂に出会ったのは2006年の沖縄うたの日。
kenが保育園の年長さんの時。
それからようやくワンマンに行ったのがkenが1年生のときの岡山クレイジーママキングダム。
kenのライブハウスデビュー。
とりくん前のスピーカー前最前列。
その時、隣に居たのが香川から来てたお父さんと5年生の男の子の親子連れ。
たまたま「風味堂」「クレイジーママキングダム」のキーワードで、ワタシのブログを見ていて、「もしかしてkenくん?」って声をかけてくれた。
その日は、1年生と5年生が二人並んで最前列。
最後にとりくんが二人に向かって手を振ってくれた。
その後もそのお父さんとは他のミュージシャンのライブで会ったことはあったんだけど、この日はあの時の息子さんを連れてきてた。
いやぁ、、5年ぶり??
大きくなってる!!もう高校生か!!
あちらも、この大きめ6年生を見てビックリしてたけど。
あの頃は、最前列じゃないと見れないーって思ってたけど、今ではもうkenも158cmあったら、そこらの女子より大きかったりするしねぇ。
なんか、あの時の二人がこうやってまだ風味堂のライブに来てるって、微笑ましかったなぁ。
そうそう、最後にトリクンがピックを投げて、とてもワタシたちのとこに届くようなとこではなかったのに、ひらひらひらひらと舞って、床に落ちて、最後は跳ねて、kenのところに舞い込みました。
というわけで、、全然レポではなく想い出日記でした。

続きはセトリ。
お友達からお借りしました。


 花とりどり
 Stay With Me
 ナキムシのうた
 スイートホーム
 メリークリスマス
 愛してる
 手さぐりのメロディー(新曲)
 Dream Climber
 わがままのテーマ(新曲)
 エクスタシー
 Last Song
 パズル(新曲)
 クラクションラヴ
 もどかしさが奏でるブルース
 おかえりなさいが待っている

EN)
 夢は2度目から(新曲)
 Have a good night sleep
[PR]
by kenmamaM | 2012-11-18 08:04 | 風味堂 | Comments(0)


風味堂@umeda AKASO


「風味堂TOUR 2011たったひとつの宝物ツアー@umeda AKASO」に行ってきました。
お昼まで仕事して高速バスに乗って♪ツアー初日にGOGOGO~♪
整理番号200番台でしたが、トリくん前4~5列目あたり。

当日券もあるみたいだったけど、そこそこギュウギュウ。
始まる前にスタッフが「前のエリアの方もう少し前に詰めてください」って言ったので、更に近くなりました。
ところで、この日はまわりがけっこう熟女だった(笑)
前は違うよ、マリコちゃん!!

いやぁ、、、、3人の風味堂はいつぶりだろうとブログをさかのぼってみると、
ちょうど2年前、2009年10月「風味堂ロックでください」公開録音@西条酒まつり(前夜祭)でした。
ワタリさんは「2年半ぶりの復活ーー」と言ってましたが、前のツアーから・・・ということなのかな。

開演時間からまもなく・・・音も無く3人が登場。
ホント地味に登場。
でも、ワタリさん、吉本バリにつまずいて見せたのはココが大阪だから?
「大阪はうるさいなーーー!!」を連呼。

まずい、1曲目から分からん!!
19日に発売されたばかりのシングル「宝物」、当日会場で買えば、アルバム「風味堂4」の時の残り物のクリアファイルでも、もらえるかなとかすかに期待して、買ってなかったのです。
「宝物」はPV見たりして知ってたけど、それ以外の3曲は聴いたこともなかったの~。
そしたらそのCDの中の曲から始まってしまった。

「ナキムシ」歌う前に「2年半ぶりの復活ーー」「歌詞覚えてるーー?」
みんなで歌い、、、ワタリさん、「もうこれで終わってもいいくらいだ」と。
ワタリソロには反対はしてないけど、この日にソロコーナーは必要なのかという気はしたけど、なぜかソロで「あなたは必ず強くなる」があった。
どうせなら名古屋でやったという「Rainy day」のほうが聴きたかったかも。
「愛してる」のイントロもよかったなぁ。もう、高音は出ないみたいですが。
ワタリの「愛してる」かBEGINの「ハイサイカリフォルニア」かってくらいに、キー下げて歌ってました(笑)
でも43歳の栄昇さんが、この夏、再び高音にチャレンジしたので、ワタリさんもがんばってください!!
ソロ@香川の時に「次の岡山には息子を連れて行くから、息子が保育園の時から好きだった"愛してる”を歌ってください」とアンケートで懇願したけど歌ってもらえなかった曲^^;
kenちゃん。こんな楽しいライブに連れて行ってあげられなくてごめんな。
でもね、でもね、「風味堂のライブに一番行きたい」と言ってた9歳児も、この2年半の間に「ファンモンが好き」と言い始めてしまいましたよ・・・。

アンコールは、また知らない曲から始まってしまいましたが・・・
最後はやっぱり「ゆらゆら」
この3人のハーモニーは圧巻。3人の「ありがとう」のキモチがめいっぱいこもってました。
ワタリさん、最後に「今までライブしてきたなかで一番・・・・」なんて言ったっけ?
「楽しかった」とか「よかった」とかそんな陳腐な言葉ではなかったような気がするんだけど。
とにかく、3人は楽しそうだったし、お客さんも楽しそうだった。
最高のライブでした。
待っててよかった。
そして、またツアーたくさんやるよーって宣言してくれました。

この日、会場で「宝物」シングルを買った人はサイン&握手をしてもらえました。
風味堂ライブでは初めてのこと!!
想像もしてなかったので・・・
私はCD買ってなかったから、ただただラッキーだったけど、マジメなファンはちゃんと発売日にGETしてるので、なんか申し訳なかったです。
続きはセトリ。
マリコちゃんのブログからお借りしました。




1.スパンキージョーンズのテーマ
2.手をつないだら
3.ナキムシのうた
4.World is beautiful Life is wonderful
5.禁煙宣言
6.家出少女A
7.We must get love back again
8.あなたは必ず強くなる(ワタリソロ)
9.愛してる
10.そっと…Love Song
11.笑ってさよなら
12.エクスタシー
13.クラクションラヴ
14.もどかしさが奏でるブルース
15.宝物

EN1.あなたに会えば
EN2.おかえりなさいが待っている
EN3.ゆらゆら
[PR]
by kenmamaM | 2011-10-20 23:59 | 風味堂 | Comments(6)


渡 wataryライブ「ひとり、旅の途中~たまには、四人で~」@umeda AKASO

7月12日(火)

渡 wataryライブ「ひとり、旅の途中~たまには、四人で~」@umeda AKASOに行ってきました。
火曜日だからだよ。
火曜日で仕事休みじゃなかったら大阪まで行かないよ。
ソロ弾き語りならまだしも、バンドツアーには反対なんだから!!

今回は4人編成のバンドツアーだからてっきりスタンディングなんだろうと思ったら、整理番号100番で入場した椅子が並んでました。
後ろ半分は段差があって少し見やすそうだったので、後ろに座ってる人もいて、なんと3列目のワタリさん側キープ。
・・・って、渡さん側って、、こっちがメインなんですが(笑)
たぶん、ココは手元がバッチリ見えるけど顔があまり見えないから?どっちかっていうと顔が見える席のほうが先に埋まってました。
わ・わ・わからん・・・

もうねぇ、手元席大正解よ。
当然だけど弾き語りの時とは、弾き方もアレンジも違う。
3ヶ月前の弾き語りで見た時よりも、すげえパワフルになってました。
バンドメンバーは前回のメンバーから、ベースがスケジュールの都合で脱退したため(笑)ベースだけ違う方でしたが、倖田來未のサポートとかやってる人らしい。
ウッドベースも弾いてました。
ギター、ドラムは前回と同じ。
ドラムの人も西野カナのサポートしてるらしい。
で、ワタリィが一番敬愛してるのがギターのもっさん。
「ただの飲み友達」みたいに紹介してましたが、誰よりも尊敬してるのが伺えました。
実際ギターうまかったし。

セトリはね、、、新しいアルバム「a diary」、ちょっとしか聴けてなかったので、書けないけど。
新しいアルバムから全10曲。
・ I'm a shark
・ 前夜
・ 街角の音
・ 君の為にできること
・ 自転車に乗って
・ 涙 試聴する
・ ゴロゴロモンスター
・ シンガーソングライター
・ 旅立ちの瞬間
・ かくれんぼ

1枚目の「東京ブルー」から6曲。
・ 戦いつづけるのさ
・ Escape (ソロ)
・ メロディー
・ Hurry up!
・ song of true hearts
・ 生まれたての気分で踊るのさ

新しいアルバムの「ゴロゴロモンスター」はワタリィの飼い猫モンスターの歌。
だけど、モンスターは、3月11日の震災の日に病気で亡くなったって、後々ワタリィがブログに書いてました。
だからFUNKYな猫SONGもCDで聴いてたら、なんか悲しかったんだけど・・・
ライブで聴くとすごいハードに演奏されて、椅子席だけど立ちたくなりましたーー。
鍵盤のうえで、指が飛び跳ねてる。
まるで猫のジャンプだな。

で、「Hurry up!」から、後ろの人が立ち始めて無事に立てました。
「Hurry up!」は途中で歌詞が飛び、「ダダダダダーー」って歌ういい加減さ(笑)
ワタリィは、ソロになってからは譜面台に歌詞のファイルを置いてるんだけど、全然役に立ってない。
で、その歌詞ファイルは見開きで2曲づつ見れるので、2曲ごとに曲の合間に喋りながらとかめくってるんだけど、「Hurry up!」から「song of true hearts」への流れは、「Hurry up!」が終わる前からページをめくってた。
「Hurry up!」の最後の”ジャーン!!”がドラムとわずかに合わなくて、ワタリィ、ドラムに「テツくん、最後ずれたねーー」と残念そう。
そしてすぐに「song of true hearts」へと続く。
ワタリィ、ここで又歌詞ファイルをめくる。
あぁあ、、めくりすぎた。と気づき、元のページに戻そうとする。
そして、弾き始めたけど、止まる。
「あぇもうねぇ、いろんなことが起こったの。」と演奏をやめて開き直る。
水を飲んで。
「もう1回さっきのところから」と、「Hurry up!」の最後を演奏、ドラムがジャーンと入って、立て続けに「song of true hearts」
この流れ、聴かせたかったんだねーー。
今度から、この2曲は、見開きになるようにファイルを並べ替えておこうねー。
でもでも、風味堂復活を願うワタシから見たら、、、
「こんなん、カッチャンなら絶対成功してたって。カッチャン、
いつもどんだけワタリィのとこと見つめながらドラムたたいてるか知っとんかー」って言いたい!!
それなのに、ワタリィは
「風味堂も復活するけど、弾き語りも続けて行きたい」これはいいんだけど、
「また4人のライブもやって、今度は4人、たまには一人か二人で~みたいな」なんて言ってました。

バンドライブは、やっぱり、ソロとは違う楽しさがあるんだけど、、
ベースとドラムのサポート入れるなら、やっぱり風味堂でやってほしい。
で、そんなに、もっさんのギターが必要なら、もっさんにサポートに来てもらおう^^
アンコールの最後で歌った「旅立ちの瞬間」、最後の英語のコーラスが、、、ワタリィともっさん二人のアカペラが、実はすげぇかっこよかった。
とにかく!!年内に風味堂復活させるなら、ちゃんとしたツアーやってよー。そしたら、そろそろ発表せんといけんよーー。待ってるよーー。

そうそう、ワタリィ、ブログのコメントが少ないとブルーになるらしくて、100件越え目指してるらしいので、みなさん何か書いてあげてねー。
http://ameblo.jp/watary-blog/entry-10952182849.html

写真は、ワタシの車のキー。
真ん中についてる青い猫が今回のグッズ。
渡画伯の描いた猫、モンスターかなぁ
[PR]
by kenmamaM | 2011-07-12 23:59 | 風味堂 | Comments(0)


渡和久「ひとり、旅の途中」@岡山城下公会堂

4月13日(水)

このお仕事の忙しい時期に、また早退して
しかもkenは野球の大事な大会前の平日練習があったのに、欠席して
行ってきました。
ワタりィソロライブ「ひとり、旅の途中」のファイナル公演@岡山。
kenと、お友達2人と4人でチケット取って、更に別のお友達も合流して最前列独占。
今日の、手元も顔もバッチリ見えるスペシャルシートはkenが着席。
後ろから登場したワタリィ、入場してもキャーとか言われずに、
気がついたら目の前に立っててびっくりした(笑)
「こんなにたくさんの人が入っててビックリしました」
で、ワタシも後ろ向いたら、たくさん入っててびっくりした。
とはいえ、50~60人くらいなのかな?

でも、ワタリィ言ってました。
「これからも、こういう小さな場所での弾き語りライブを続けていきたい。
今日の会場は奥行きがあって広すぎるくらいで、
一番後ろの人の顔が見えるくらいのところでやりたいと。
5人くらいのところでもいいと 。
だから、まだまだ旅の途中だから、ファイナルはありません」と。
でも、きっと、また次の旅で岡山に立ち寄ってくれるはず。
だって、岡山っ子たち、手拍子がんばったもんね。
「Hurry Up」で、「手のひらが痛くなったでしょ」って言われたけど・・・
あれ?二の腕がパンパンに張ったのはワタシだけでしょうか?

セトリは高松とほぼ変わらず・・・
曲順が少し変わってましたが。
高松の時より、なんだかピアノは落ち着いてたし、
アンコールで歌った新曲、タイトル分からないんだけど、
前奏から心地よく、、、右手・左手がまるで鍵盤のうえでダンスをするように踊ってました。

ひとつ、文句を言わせてもらえば!!
高松のライブのアンケートに
「岡山には保育園の時から風味堂が好きな息子を連れて行くので、
息子が保育園児の頃から好きだった"愛してる”を歌ってください」と書いたのに、
歌ってもらえなかった 007.gif
あいつ、読んでないんか?それとも、読んでても歌えないのか??
ソロじゃん、弾き語りじゃん、自分一人なんだから、なんとかしてくれるかと思ったのに

この日もアンコールのラストで歌った「ママのピアノ」
風味堂のライブでは「ゆらゆら」がラストの定番でしたが、
このツアーではこの曲がラストになってる。
ピアノに1対1で向かう時、きっとワタリィの原点の曲なんだろうな。
「ピアノという楽器は、弾き語りになった時に、言うことを聞かなくなるんです」って、
なんかこういう話が聞けるのも、こういうライブだけかな。
「僕も今はこうやって修行中で、トリクンもカッチャンも今はサポートやったりして修行中で、
成長した風味堂で年内にはツアーをやりたい」と言ってくれました。
もちろん、風味堂のツアーも待ってるけどこのスタイルの弾き語りライブもずっとずっと続けてほしいな。

で。ライブ終わって物販は店の外の道路で。
大スターが道売り 。
そこで、「この間から”ママのピアノ”弾きはじめたんです。で、発表会で弾くんです。」と言いましたら・・・
ワタリィ、目をキラキラさせて、「発表会いつですか?」って。
「えっと・・・・・・・・・・・・・・・・・・2年後です」
周囲からも失笑
「大丈夫です、2年あればじゅうぶんです」って言われました。
e0003090_2273222.jpg

写真は、この日のアップライトピアノ。
e0003090_2265267.jpg

ちょっと見えにくいけど、アップライトのピアノって、
こうやって蓋をあけて、マイクセットするんだ。
で、この蓋が、ワタリィの激しいピアノで、ガンガン揺れてた。
ステージもガンガン揺れてた。
kenもそのガンガンを間近で体感できたはず

続きはセトリ。

1.今夜は優しい夜だから
2.涙(新曲)
3.あぁ、今よ
4.生まれたての気分で踊るのさ
5.(新曲)
6.戦いつづけるのさ
7.メロディ
8.ナキムシのうた
9.Hurry Up
10.(新曲)

EN1.a song of true heart
EN2.(新曲)
EN3.ママのピアノ
[PR]
by kenmamaM | 2011-04-14 22:07 | 風味堂 | Comments(0)


渡和久「ひとり、旅の途中」@高松SPEAK LOW

4月5日(火)

仕事を30分早退してまで行ってきました。
渡和久ソロ弾き語りライブ@高松SPEAK LOW。
こちらでのライブは昨年12月以来5ヶ月ぶり。
前回は5時まで仕事をして出たら、19時の開場時間にほんの少しだけ遅れてしまって、
せっかく一桁の整理番号だったのに後から入場になってしまったから。
今回も整理番号3番だったので、遅れられない!!と頑張りました。
で、着いたら、1・2番の人がまだ来てなかったので、1番目に入場。
ピアノの真横席です。
風味堂のライブも渡ソロライブも何回も行ってるけど、こんな席は初めてです。
初めて渡ライブで心臓がドキドキなりました。
開演までの時間でアンケートを書きました。
どうしても伝えたいことがあったので。ワタリィ、読んでくれたのかな。

開演時間ほぼ定刻にワタリィ登場。
ピアノの手元も、横顔も直視できて、時折会場を見渡すときは真正面にこちらに顔をむけてくれるという、、、、とってもうれしいような恥ずかしいような席でした。
最初の数曲はバラードで、、、なんだかワタリィも緊張してるようでしたが、
UPテンポの曲もあり、初公開の新曲もあり。
震災後、東北でのライブの予定が中止になったワタリィ、
「必ず東北に音楽を届けに行きます」って言ってました。
そうやって改めて聴くと、ワタリィの歌ってなかなか心に染みる歌詞だったりするんですよね。
ソロでのライブは声もよく出てるし。
最初はちょっと緊張気味だった神の手もちゃんと鍵盤の上を踊り始めた。
ああいうの見ると、ワタシはホントに才能ないんだな~と思っちゃう・・・
そうそう、このツアーね、前回とやった曲がほぼ同じだったのがつまんなかった。
ソロで攻めたいのも分かるけど、会場に居たのはきっとワタリィファンよりも風味堂ファンだよ~。
風味堂の曲を弾き語りで聴きたいよぉ!!
というわけで、続きはセトリ。

1.今夜は優しい夜だから
2.涙(新曲)
3.絶望の彼方へ
4.あぁ、今よ
5.生まれたての気分で踊るのさ
6.(新曲)
7.戦いつづけるのさ
8.メロディ
9.ナキムシの唄
10.Hurry Up
11.a song of true heart
12.(新曲)

EN1.旅立ちの時(新曲)
EN2.ママのピアノ

アンコールで歌った「ママのピアノ」はワタシにとっては大事な曲なんで、
これは前回と同じでもうれしかったですけどね。
実は2年後のピアノの発表会、たぶん小学校最後ということで、kenの最後の発表会になるはず。
ここでワタシも弾かせてもらうつもり。
kenへの想いを込めて、この曲を。

動画が見つけれなかったので歌詞を聴いてください。
大人になった渡さんが、子供の頃、
ピアノを習ってることを友達にからかわれてやめてしまった
自分(君)へ宛てた手紙。
ちなみに渡さんのママはピアノの先生でした。


『ママのピアノ』
ありふれた毎日のくらしの中で
いつも探し続けてるモノがあるんだ
たとえば君の瞳に映る大切なモノ
明日の遠足とママのぬくもり

何も感じられぬある晴れた日曜日
たったひとつ見つけた君と同じ心
そういえば君はまだ嫌いだったけれどね
ピアノ。これだけが僕のタカラモノ

遠い遠いあの日の君にまた出逢うために
君への想いをメロディーに僕はピアノを弾くよ

誰もが大人になると失う君の笑顔
少しだけ取り戻すことができるのなら

はるかな時を超えて君と話をするのさ
セピア色の風景がまたキレイな色に染まるまで

君の大好きなママは
僕に夢というタカラモノをくれたんだ
だから毎日弾きつづけてるんだ
今はもういない
ママのピアノ・・・

[PR]
by kenmamaM | 2011-04-06 21:51 | 風味堂 | Comments(2)


渡和久「ひとり、旅の途中」@高松SPEAK LOW

12月9日

風味堂の渡和久「ひとり、旅の途中」に行ってきました。
wataryソロは去年12月のAAA、7月の大阪ワンマン(バンド)、この間のリクオさんの20周年に続いて4回目。
ソロで1年間やるっていい始めた頃は、BEGINも20周年を前に「ひとり立ち」しちゃうんじゃないかと、ファン仲間うちでヤキモキしてた頃で、『てめえら15年はええよ!!』って思ってた。
AAAはBEGINも出てたから行ったんだけど、あのとき、ワタシのココロにはwataryの歌は何も響かなかった。
7月のワンマンは、なんでわざわざバンドでやるんだよ!!って思ったけど、行ってみたら楽しかった。
風味堂とは違うバンドができあがってたし、その中で数曲のwataryソロの弾き語りはやっぱりググッときた。
そのとき、「小さなカフェとかでライブやりたい」ってポロッと言ってて、その後本当にそういうツアーまわりだして、でもなかなか近場ではなかったから諦めかけてたときに、最後の最後に高松公演が発表された。
沖縄から帰った2日後だけど、ムりした(笑)
でも結局その後で、2月の東名阪(東京・名古屋・大阪)ソロライブも発表されて。
えー、1年過ぎてるのに、まだやる気??ってちょっと怒ったりもしつつの参加でした。

お友達が取ってくれたチケットの整理番号は1桁だったけど、電車がちょこっと遅れたのと、開場も早かったのか、間に合わなくて・・・
ちなみに、会場のSPEAK LOWは栄昇さんが高松公演の時に行ったとMCで話してた「ビッグライフかがわ」のすぐ近くでした。

空いてる席の中で、みんな、迷う。迷う。
ワタシは迷わず「手元」シート。
もう1人は迷いながらも「手元」シートへ。
最後の1人は、「顔」シートへ。
そう、うちらが座った「手元」シートはね、顔がまったく見えんのよ。
そのかわりさ、まったりソファ席でさ、ホントに心地よい。
いいんだ、別に顔は!!
e0003090_804633.jpg

ライブのドリンクメニューってイマイチなことが多いけどココは充実。
車だったし、外も寒かったので、ホットゆず茶で暖まる。
e0003090_81649.jpg


100人にも満たない会場でグランドピアノに向かうwatary。
ストライプのシャツに茶色のニット、細身のカーゴパンツの裾をブーツインして。
普通に爽やかじゃん。
ヨレヨレTシャツや部屋着みたいなスーツでもないし。
ソロでは靴はくんだねと思ったら・・・あれはリズム隊の代わりだな。
タップのような音をさせてリズムとってました。
席は大正解。手元が良く見える。指が勝手に動くんだろうな、このレベルの人たちは。
表情は少ししか垣間見えなかったけど、自然にコーラスが起こると、満面の笑み・・・だったはず。

当たり前だけど、風味堂ライブよりも、暴れん坊ピアノのよさが前面に出てて、
この1年でワタシはたった4回だけど、ずっと声の調子もいいみたいで、こういうライブいいな~って思ってしまった。
MCもちゃんと喋れるようになってるし。
でも風味堂の3人のライブが好きなのには変わりないから。
風味堂のライブの中でちょっぴりソロコーナーやるよりも、風味堂のライブもやりながら、
たまにはこんなふうに一人で全国まわったりするのもいいんじゃない?
終わってからCDとかグッズ買った人にはサイン会があって。
今までの風味堂じゃ考えられないじゃん。
だから、CDもトートバッグもぼったくりミニタオル(1000円もする)も持って行ってなかったよ。
でもこの日はどうしても伝えたいことがあったので、ぼったくりミニタオル購入~。
左は、前に買ったままで袋に入ったままのやつ。
右は今回サインしてもらった。
これでようやく前に買ったのが使える。
e0003090_815187.jpg

[PR]
by kenmamaM | 2010-12-10 07:56 | 風味堂 | Comments(0)


BEGIN@「風味堂ロックでください」

風味堂ファンの方々にお願い~~。
6月10~16日放送の「風味堂ロックでください」
BEGINが東京うたの日コンサートについてのメッセージを寄せたらしい。

ココ岡山・・・この放送聞けないんです~~。
ってか、放送してるとこ、こんだけ。

FM岩手(日)22:30-22:55 FM秋田(金)21:30-21:55 
FM山形(土)19:00-19:30 FMぐんま(日)9:30-10:00
FM栃木(火)20:00-20:30 FM新潟(月)11:30-11:55 
FM富山(火)16:00-16:30 岐阜FM(土)20:30-21:00
FM三重(土)11:30-11:55 FM滋賀(火)21:00-21:30 
FM大阪(日)9:00-9:30   FM山陰(土)9:00-9:30
FM山口(水)19:30-19:55 FM徳島(木)21:00-21:30 
FM高知(土)20:00-20:30 FM佐賀(日)9:00-9:30
FM長崎(水)21:00-21:30 FM熊本(水)20:30-20:55 
FM大分(火)15:00-15:30 FM宮崎(木)20:30-20:55
FM沖縄(土)11:00-11:30

どなたか、この回の放送、録音してる奇特な方いらっしゃったら
ぜひぜひおすそ分けしてください~。

【追記】録音してくださる方が見つかりました。ありがとうでした~。
[PR]
by kenmamaM | 2009-06-14 11:24 | 風味堂 | Comments(6)


風味堂のり一発DX'09@大阪なんばHatch~ネタバレあり~

6月5日(金)

お誕生日の日。
仕事を早退して高速バスで大阪へ。
山陽IC(無料駐車場あり)から約2時間半で往復4800円。
帰りは最終深夜便なんでこれに1000円プラス。
最終便は23:55に大阪発なんで、ライブが終わってごはん食べてゆっくりして帰れます。
しかも寝て帰れます。
ETCの休日割引で行っても、阪神高速部分があるので片道2000円くらいかかります。
駐車場代もガソリン代もかかります。運転してたら寝れません(あたりまえ・・・)
ぜひぜひ安くて便利な高速バスを~・・・と宣伝してみる。

というわけで、風味堂のり一発DX@大阪・なんばハッチに行ってきました。
ネタバレありますよ~。
岡山でファイナルを迎えてから1週間後から始まったデラックスなツアーです。
最初、チケット取ったときに一緒に行くはずだったお友達が行けなくなり、
急遽一緒に行ってくれたのは「走るうみがめさん」。
うみがめさんは2年前の沖縄うたの日以来の風味堂。

DXは座席がある。
なんばHatchは岡山・広島・高松のどのライブハウスとも違う大きなライブハウス。
だけど椅子が並んでた。
でもね、数年前はここでオールスタンディングでギュウギュウだったらしい。
その頃のほうが人気があったのか・・・風味堂(汗)
座席があるっていうのは、ギリギリに行っても席がキープされてるんでそれは良かったけど。
ちなみに席は5列目のワタリクン側。
ワタリ君のピアノが好きなのに。
今まで、ライブハウスでの風味堂はいつもトリクン側に行ってたので、
初めてワタリ君がピアノ弾いてるとこマジマジと見たかも。
そして、ココは。カッチャンがコーラスでマイクに向かうとき、
左に顔を向けたらちょうど目が合う場所でした。マジで。


まずは、セットリスト。
DXは前のツアーとちょっと変わってました。
ツアースタート地の名古屋もろもろに行ってた「まりこちゃん」とこからお借りしてきました。

1.オープニング
2.家出少女A
3.世界一甘いキスを交わしたら
4.禁煙宣言
5.アイノコトバ
6.ウイスキーコーク
7.Have a good night sleep 
8.愛してる
9.Hey!Boys and Girls
10.未確認飛行物体な少女
11.楽園をめざして
12.funny journey
13.エクスタシー
14.クラクションラブ
15.昼下がりのバレリーヌ
16.LAST SONG
17.We must get love back again

EN
1.Bye Bye Good-Bye
2.ナキムシのうた

定刻から5分遅れて登場した3人+池ちゃん。
ワタリくんはターコイズブルーのシャツに黒のネクタイ。
トリクン、白地に黒の英文字入りTシャツにピンク、ショッキングピンクのパーカー。
カッチャン、左半分がワタリ君のシャツ色と同じようなターコイズブルー、右半分が黄色のTシャツ。
ここはいっそのこと、半分ショッキングピンクにしてほしかった。
いや、そんなTシャツはちょっとやそっとじゃ見つけれないかもしれないけど。
そうそう、トリクン髪の毛切ってました。めちゃ可愛かった。
あの髪でピンクのパーカーって、遠目に見たらミスチル桜井さんだった(妄想じゃなく!!)。
そして、DXはサポートキーボードに「池ちゃん」
あの髪は遠目に見たらパパイヤ鈴木だった(笑)

1曲目は、新曲なのか何なのか説明もなく。
続いて家出少女からもうクラクラ。
こんな複雑難解なピアノを弾きながら軽やかに歌ってるワタリ君を見て幸せに浸るワタシ・・・
あぁ、日本は平和だなって思ったよ、マジで。

アイノコトバのあとのMC。
ワタリくん、最近よく「おえっ」ってなるんだって。
朝歯磨きしてたら「おえっ」とか。
後ろでカッチャンが「ある!!ある!!」っておっさんの会話か。
さっきのアイノコトバも、「アイノコトバ~ぉえっ」みたいになったって。

で、会場からの声援に対して「大阪は非常にやりにくいんですよね」と。
会場から「なんでやねん」って突っ込まれたら、「それ!!それ!!まさしくそういうの!!」

「未確認飛行・・・」の前奏で、機材トラブル。イチノセさん登場して直してくれる。
ちょうど池ちゃんが弾いてたとこだったので「あ~~、オレのせいみたいになってる。
まぁいいけどね、年長者だから被ってもいいけど。
でもね、こんなの滅多に見れないからね、これがライブだから。ブログにもどんどん書いていいよ~」
この曲で、トリクンがベースをはずして池ちゃんのキーボード横に移動する場面があるんだけど。
トリクン絶対まりこちゃんのブログ読んでるで(笑)
パーカー頭に被らんように気つけてたもん。
で、ベース戻してフードもちゃんとしたら、「できた」ってカンジで得意気に会場見てたもん。
残念ながらまりこちゃんおらんかったけど。

「エクスタシー」前のベースソロではワタリ君もエアベース♪
最後はDX用のコネタ。
池ちゃんが弾いてるところにわたりくんが後ろからこそ~っと近づき鍵盤を奪おうとする。
”あれ見て~”みたいに遠くを指さして、その間に奪ったり。
ペットボトルの水を出してあげて飲んでる間にまた鍵盤奪ったり。
最後はお酒の一升瓶を持ってきて献上したり。
そして最後は二人で仲良くフィニッシュ。
そんなふうに楽しそうにキーボーを弾く二人の姿がほほえましく、kenに見せたかったな~。
これ見たらピアノって楽しいって思ってくれただろうな~。

ホントにこのDXツアー、何がDXって、
池ちゃんが入ったことで今までの風味堂にない雰囲気を醸し出してますね。
ワタリくんいわく、「池ちゃんは、楽譜パパッと見てパパッと演奏してお金もらってく
ミュージシャンとは違うから。風味堂の一員になろうとしてくれてるから。」って。
でも、「100s(池ちゃんのバンド)とのライブと、風味堂のライブが被ったらどっちに行く?」
ってワタリ君に聞かれて、迷わず「ヒャクシキ!!」
・・・・・・・・・・・・・・・・しかし、この後。延々と、本編終わるまでずっと、
「風味堂って言えばよかった」って一人悶々と悩みながら演奏してたらしい。
アンコール前に裏でそれを言って、アンコールのときにワタリ君が暴露。
「言うなって」て池ちゃん。かわゆい。

クララブからバレリーヌまでまぁ楽しい楽しい♪
前も書いたかもしれんけど、バレリーヌってホントにライブになるとCDよりも数段楽しい。
その次の「LAST SONG」これって、ムスコがパパよりもママよりも先に死んでしまう歌で、
最初に聴いたときは優しいメロディーに心奪われてでも歌詞をよく聴いてると衝撃的で、
でも大きな愛に包まれてて大好きな曲なんですが。
「みんな一緒に歌ってください」って曲ではないと思うんです!!ワタリ君!!
でもココは客席のほうがおりこうで、あんまり歌ってなくてみんなちゃんと聴いててよかった。
アンコール最後の「ナキムシ」はみんなで大合唱~♪

この日、風味堂は珍しく大阪で泊まりだったらしく。
「もしも夜の街で見かけたらスターに接するみたいにしてください」って言うから楽しみにしてたのに~。
さすがに沖縄料理屋さんでは遭遇しませんでした(笑)

DXツアーはまだまだ福岡・仙台・東京と続きますが、ワタシの中ではとりあえず終了。ファイナル!!
高松・広島・岡山・大阪とパワーアップしてくれてありがとう。
[PR]
by kenmamaM | 2009-06-09 09:43 | 風味堂 | Comments(24)

    

いちばん大事なkenのこと、そしてママの大好きなコト・ 大事にしたいコト ちなみにkenは17歳になりました。
by kenmamaM
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリ
全体
ken
おでかけ
ひとりごと
ママのお仕事
写真
映画
BEGIN
風味堂
中 孝介
馬場俊英
かりゆし58
奄美大島’16.10月
森山直太朗
FUNKY MONKEY BABYS
沖縄音楽
LIVE♪
いいはなシーサー
音楽
沖縄
おいしいもの
お取り寄せ・テイクアウト
ママのてづくり
マンゴー
めざせフルマラソン
花粉症
家庭菜園
直島&瀬戸内国際芸術祭
夕日
沖縄旅行記'05.6月本島
沖縄旅行記'05.8月本島・座間味
沖縄旅行記'05.9月本島・渡嘉敷
沖縄旅行記'06.6月宮古・八重山
沖縄旅行記'06.12月本島
沖縄旅行記'07.1月本島
沖縄旅行記'07.6月本島
沖縄旅行記'07.8月本島・座間味
沖縄旅行記'07.12月NAHAマラソン
沖縄旅行記’08.6月本島
沖縄旅行記'08.8月久米島
沖縄旅行記'08.12月NAHAマラソン
沖縄旅行記'09.8月阿嘉・座間味
沖縄旅行記'09.12月NAHAマラソン
沖縄旅行記’10.8月宮古島
沖縄旅行記'10.12月NAHAマラソン
沖縄旅行記'11.8月西表・鳩間島
沖縄旅行記'11年10月本島弾丸
沖縄旅行記'11.12月NAHAマラソン
沖縄旅行記'12.12月那覇&粟国島
沖縄旅行記'13.2月本島キャンプ
沖縄旅行記'13.7月伊江・古宇利
北海道旅行記'12.8月
東京旅行記’13.4月
沖縄旅行記’13.12月本島
沖縄旅行記'14.12月NAHAマラソン
沖縄旅行記’15.8月宮古島・本島
沖縄旅行記'15.12月NAHAマラソン
MEC食
2017年8月石垣島&竹富島
以前の記事
最新のコメント
としさん。 ぜひぜひ一..
by kenmamaM at 10:41
ゆみちゃん。 奄美はほ..
by kenmamaM at 10:39
阪神は行かなかったんだよ..
by kenmamaM at 10:33
えっとー タイガースの..
by hashiruumigame at 14:16
いいですね 1度は行っ..
by Toshi at 13:59
奄美大島に生きている間に..
by ゆみちゃん at 01:58
わー、中君だー。 いい..
by 走るうみがめ at 18:18
走るうみがめさん。 ..
by kenmamaM at 13:40
ピカチュウとポケモンの違..
by hashiruumigame at 21:06
sora-harukaさ..
by kenmamaM at 09:57
フォロー中のブログ
リンク
検索
最新のトラックバック
venuspoor.co..
from venuspoor.com/..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
ビギン20周年記念 まだ..
from たまりんの気ままなPC日記
アブラとサトウのカタマリ。
from こまこ☆いったりきたり
魚づくし
from Lush Life
のりピーこと酒井法子 バ..
from のりピーこと酒井法子 バキバ..
GOEMON
from kurashikikomac..
宮古・伊良部旅行 2.伊..
from こまこ☆いったりきたり
洋食工房 パパの台所
from kurashikikomac..
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧